男女が愛し合い楽しく素敵なセックス・・・

 

でも、いざセックスをして、どこを触られてもまったく感じないと悩んでいる女性が少なからずいます。

不感症という言葉がありますが、性的快感をまったく得られない女性の方は、ほとんどいません。

刺激を受け入れる準備が整っていれば、大多数の女性は気持ちいいという感覚を得ることができるのです。

 

感じないというのは、もしかすれば男性にも責任があるのかもしれません。

カラダの感じやすい場所。

男女とも同じなのには理由があります。

ヒトの構造として、そこに神経が集まっているからなのです。

セックスをするときには参考にしてみましょう。

 

女性は物理的な刺激だけでは快感を得られないのはみなさんもご存知でしょう。

好きな人から性的な刺激を受けて十分に興奮が高まってくれば、神経が集まっていない場所でも感じる可能性が出てくるというわけです。

また、感じない理由はもうひとつ考えられます。

それは、性的に未熟だということです。

体験が少ない人は、感じることに慣れていないのです。

これは、自分で慣れるように努力したり、パートナーと楽しく、そして深く繋がっていくことで、どんどん改善されていきます。

 

男性と女性の感じ方には、違いがあるの?

セックスととくに関わりが深いのが脳にある視床下部。

ここが、人間の性欲と食欲を司っています。

漏斗状の、一辺がたった1 ㎝ほどの正方形のカタチをしています。

こんな小さな場所に、性欲を生んで性を調節する性欲中枢や、食欲中枢、それに体温調節中枢があるのです。

性欲中枢の中心は性的二型核と呼ばれています。

実は、この性的二型核の大きさが男性は女性の2倍もあるのです。

男性の性欲が強いのも当然といえます。

ところが、こと快楽に関して言えば、女性のほうが大きな快楽を得られるという説があります。

しかも、その快楽を男性が受けた場合は、あまりの激しさに、死に至るほどだともいわれているのです。

性器で受ける快感が絶頂を迎えたときをオーガズムといますが、確かに女性と男性では差が大きいですよね、。

男性の場合は、一度絶頂を迎えると、つまり射精すると必ず消退期(興奮が収まる)に向かいますが、女性は短い時間で複数回

のオーガズムを感じる場合があります。

ポルチオやGスポット、クリトリスでの快感が複数重なるブレンドオーガズムが起こることもあります。

射精で果てる男性とは違い、女性のオーガズムは実に複雑なのです。

 

男性器と女性器のホントウに感じる場所を知りたい!

男性器と女性器について

男性器でもっとも敏感な場所は亀頭と裏筋の上にある小帯という部分。

それにペニスから神経が繋がっている陰囊です。

陰囊が刺激されるとそれがペニスに届き、ペニスの刺激は陰囊へ伝わります。

男性の性器で快感が得られる場所はほぼこれぐらい。

 

女性器は、といえばまず大陰唇、小陰唇、膣前庭など外性器のほとんどが感じる部分ですね。

そのなかでもとくに感じるのがクリトリスなのはみなさんもご存知です。

ほとんどの女性はここの刺激でオーガズムを得られはずです。

 

膣内は入り口から子宮までの3分の1までに神経末端が集まっています。

そこまでは感じますが、それより奥ではほとんど感じないのです。

膣内の感じる部分の一つはGスポット。

入り口から2~5cm入った腹側にあります。

クリトリスの末端であり、刺激されると快感を生みます。

もうひとつがポルチオと呼ばれる場所。

子宮頸部の下半分で、ペニスで突かれると感じる女性がいます。

ただし、ここには神経は集まってはいません。

突かれることで何かが当たったことが知覚され、子宮を突かれているという感覚が脳に伝わり感じるのです。

つまり、脳が作り出した快感でもあります。

クリトリス、Gスポット、ポルチオの順で感じる女性の数は少なくなる。