男性のアソコをおしゃぶりする行為のフェラチオ。

女性にとって好きな男性を喜ばせる行為でもあります。

最近、若い人でも顎関節症が多いようです。

その顎関節症はフェラをやり過ぎるとなると言われていますがどうなのでしょうか?

 

あごの関節の音がする/口が開かなくなった/あごが痛い

顎関節症が疑われます。

症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。

症状がある場合は硬いものを食べたり、無理に大きく口を開けたりしないようにしましょう。

痛みがあり、口がスムーズにあけにくくなった場合は口腔外科での受診をお勧めします。

 

フェラのやり過ぎに注意!顎関節症になるの?

たとえば、風俗で働いている女性の方で顎関節症になりやすいと聞きます。

お客さん相手の風俗の仕事に対して、精神的緊張やストレスがあごの周りの筋肉を緊張させ噛み合わせがアンバラスになり、無理な力が関節にかかり顎関節に負担をかけることもあります。

そのためフェラ行為の多い仕事内容なので、顎関節症にかかりやすい条件があるということです。

そういったお仕事をしていなく、好きな男性を相手にフェラの回数が少ない女性では、必ず顎関節症につながるものとは考えにくいのです。

ただ絶対にならないとは保証はありません。何かの条件でなる場合もあります。

精神的緊張やストレスがあごの周りの筋肉を緊張させることが少ないのであれば顎関節症になる確率も少なくなるかもしれません。

 

顎関節症になるとお口が開かないしフェラ所ではない

症状によっては様々ですがフェラ行為は辛い方がほとんどです。

無理をしてフェラをするのも悪化を招き危険です。

そういった場合は、彼氏や旦那さんにはしっかりその旨を伝えることが大事です。

性交中のフェラは必ずする必要はありませんし、しっかりお口に入れなくても、あそこの先だけ愛撫をしてあげるだけでも男性は喜びます。

顎関節症の疑いのある人は注意しましょう。

 

顎関節症はしっかり治療しましょう

放っといて治るものではありません。

専門医の治療を受け、治すことを優先に考えましょう。

顎関節や筋に痛みがあるときはまず安静にしましょう。

そして症状を悪化させないために大口を開けることや顎の使いすぎに気をつけましょう。