コーヒー、紅茶をなぜ食事中に飲んではいけないの?

これらを食事中に一緒に飲むとある女性にとって大切な栄養素の吸収が悪くなるのです。

 

コーヒーや紅茶と一緒に食事するは良くない理由

コーヒーや紅茶を飲みながら食事をとることがある。

とくに朝食や軽食ではそれが多い。

しかし、コーヒーや紅茶、また、緑茶も含めて、タンニンを含んだ飲み物を食事と一緒にとることは控えた方がよい。

その理由は、鉄分の吸収を悪くするからだ。

 

食事中に飲むおすすめの飲料は?

これに対して、食事とともにオレンジジュースを飲むと、鉄分の吸収がよくなる

オレンジジュースには、クエン酸とビタミンCという酸類が含まれている。

ビタミンCはアスコルビン酸ともいわれる、かなり酸味の強い酸である。

これらは食べ物の中の鉄分を溶かし、吸収しやすい状態にする。

また、ビタミンCは、鉄が酸化して吸収されにくくなるのを防ぐ作用もある。

 

女性にとって必要な栄養素を摂取できない

一方、コーヒーや紅茶、緑茶はタンニンを含んでいる。

このタンニンは鉄と結合し、吸収されにくい形になる。

したがって、食事をしながらコーヒーや茶の類を飲むことは、鉄分の吸収によくない影響を与えるのである。

とくに女性は貧血になりやすい。

それは生理があるためで、女性は男性よりも二割ほど鉄分を多く必要とする。

そこで鉄分吸収にムダがあってはならないので、食事にはコーヒーや間茶の類よりオレンジジュースをともにとるようにすることが大切だ。

 

コーヒーや紅茶はタイミングをみて飲むのがおすすめ

では、コーヒーや茶の類は絶対よくないのかというと決してそうではない。

タンニンを含んでいても、食後に飲めば鉄の吸収を妨害することはない。

それは食べてしまった食物と、食後の飲料が混ざることはないからである。

胃の中に入った食物は、胃壁から層状にたまっていく。

そして、それが順次消化されていしたがって、はじめに食べたものと、後に食べたものとが、均一に混合してしまうことはない。

そのため、食後に飲むコーヒーや茶の類は影響を与えないのである。

 

また、食後に飲むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食後感をすっきりとさせるのにプラスである。

それに、コーヒー、紅茶、緑茶に含まれているカフェインには、代謝を高め、頭をすっきりさせる働きがある。

この作用により、胃液の分泌も高まる。

その結果、食べたものの消化がよくなる。

その点からも、食後に飲む方がよいのである。

 

一方、食前にカフェインの多い飲物を飲むと、交感神経を興奮させるため、食欲が低下する。

このように、同じ飲物でも、いつ、どのように飲むかというタイミングが大切である。