美脚になれないのは、ひょっとして、冷え性が原因なのかもしれません。

体重は変わっていないのだけど、なぜか脚が太くなってきたかな。

そんな悩みはありませんか?

じつは、冷え性によって脚が太くなってしまったことが原因のかもしれません。

一見冷えと脚の太さに因果関係は無さそうに見えますよね。

しかし、美脚になりたいなら冷えを改善することが一番の近道なのです!

 

美脚になりたいなら、冷えを改善しましょう!

脚は1日摂取した飲食物の老廃物がたまりやすく、それが体外に排出されずムクミの原因となっています。
その老廃物を脚に残したままにしておくと、どんどん脚に溜まっていき、セルライトへと変わってしまいます。
「冷え」はセルライトを進行させるので、それが血行不良やリンパ管を圧迫させてムクミが取れにくく脚が太くなってしまうんです。

 

美脚になりたいなら、冷えは大敵!

冷え性の人は、冷えていることから代謝が悪くなり、足が太くなる。

冷え性は、簡単にいうと「血行障害」によって生じます。

基本的に手や足などの末端部分は心臓から遠いので、 どうしても血液の循環が悪くなることがあるわけです。

また、女性が冷え性になりやすいのは、 皮下脂肪の多さも関係しています。

皮下脂肪は熱を通しにくいため、冷えを感じやすくなるんですね。

「足は第2の心臓」と言われるように、足の筋肉は全身の血行を良好に保つ上で重要なパーツです。

冷え症を改善するために、まずは足の筋肉を鍛えましょう。

手軽に足の筋肉を鍛えるには、スクワットがオススメ。

毎晩寝る前に実践してみてください。