水断食にも目的がさまざまあります。

● ダイエット目的で行う断食

● 胃腸や内蔵を一休みさせるための断食

● 血糖値の上昇で抑えたいための断食

水断食は、うまく上手に使えば良い結果も期待できます。

しかし、長く続けるのは、とっても危険なんですよ。

特にダイエットとなると短期間では効果が現れません。

よくするのが、短期間で即痩せたいから水断食して効果をだしたい!

を実行する方が多くいます。

短期間とはいえ、水断食は身体に負担がかかってしまいます。

断食を無理に続けたことで身体を壊してしまう人もいますので、注意して行うことが大切です。

そして、かならずリバウンドがおとづれてきます。

そのため、危険なリスクを負う水断食のダイエットを続けることになってしまいます。

ダイエットを目的にするならば、水は補助飲料と考えましょう。

ダイエット、痩せるための押さえておきたいポイントは、体内の無駄なものを取り除くことなのです。

 

痩せるためのダイエットのポイントは?

① 体内の老廃物を排出する

② 脂肪を燃焼する

③ ダイエット中には必要な栄養素だけを摂取する

④ 長期間続けないこと(断食・置き換えダイエットの場合)

がポイントになります。

 

水は、メインの食事の置き換えで摂取するのではなく、合間にコップ1杯分を間隔をあけて飲むのが良いでしょう。

 

水断食は食べ過ぎた後の身体をリセットするのに効果

飲み会での暴飲暴食やドカ食いなどで乱れた食生活を、手軽にリセットできます。

1日から3日間の短期間で内蔵をお休みにさせるのに水断食はよいでしょう。

ただし、1日の3食は全部抜かないようにしましょう。

朝は胃袋に負担のかからない野菜系や果物、ヨーグルトなどをしっかり摂ります。

お昼は軽く食べる。

夜は水断食を実行して内蔵を休ませることで、胃袋が小さくなりますし、食べ過ぎ防止や便秘解消にもつながります。

お腹がすごく空きますが短期間なので健康の為に頑張りましょう。

こういった水断食は、内蔵を休ませるには良い方法なので週に1度(1日)は取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

水断食だけでは危険!ダイエットのためのファスティング(断食)中に使う飲み物

近年は半日から3日かけて食べ物を摂らず、酵素ドリンクと水だけで過ごすファスティングが主流になっています。

短期で痩せる為には、水だけの断食はよくありません。

特に女性にとっては、肌荒れ、体力、思考能力、女性ホルモンの影響に繋がります。

水は有効に1日の合間に飲むのみ対して、酵素ドリンクを摂取する(置き換え)することをおすすめします。

なぜ酵素ドリンクがいいの?

ですが、酵素は人間の内蔵を活性させる、動かすために必要な要素だからです。

脂肪燃焼、老廃物の排出、新陳代謝を上げるのに大変役にたつ働きをしてくれます。

ダイエット=痩せる ためには、これらの働きがなくては、決してやせません。

水断食で痩せて見えるのは、錯覚です。

筋肉が痩せているだけです。

水断食だけで手に入れたダイエットで得た効果は、

顔色が悪い、体力がでない、ボーっとする、やる気がない、肌が荒れている、なにかと良い結果が現れないということです。

そのような姿は、誰が見ても良いイメージがありません。

 

酵素ドリンクは水断食に代わる大事な要素がたっぷり!

自宅でのファスティングでは、断食期間中、食事の代わりに水や別の飲み物を飲んで過ごしますが、ダイエットの心強い味方となってくれるのが酵素ドリンクです。

人気のダイエットドリンクでも人気があります。

1位:酵素ドリンク

2位:置き換えドリンク・プロテイン

3位:野菜ジュース

ファスティング中に飲むなら、栄養たっぷりの酵素ドリンクがおすすめ。

たくさんの野菜や果物、海藻類を発酵させた濃厚なエキスは、不足しがちな食物繊維やミネラル、ビタミンを補給。

代謝機能を高めるはたらきもあり、リバウンドしにくい体質に近づけてくれるのです。

 

ダイエットで体に負担をかけないためには?

① 体調不良の時はしないことです。

② 栄養が無い状態なので、激しい運動は避けましょう。

③ 断食ダイエット終了後はきちんと復食期間を設け、急に通常食に戻さないことです。

ファスティング後に、リバウンドしない秘訣

ファスティングが終わったら、パスタやパン、ご飯などの炭水化物を一気食いするのではなく1食目はおかゆが適切といわれています。

おかゆなら、お湯を含んでいる分少量でも満足感を得られますし胃腸にも刺激が少なく安心です。

① 炭水化物を一気に食してしまっては、再び血糖値の変動が激しくなり食欲が慢性的に強くなってしまいます。

リバウンドする原因には、体内で起こる血糖値が、急激に上がると急激に下がる性質があります。

そうすると血糖値を元に戻そうとして体が糖質を欲して、結果的にまた炭水化物が欲しくなり太っていた頃の太る原因の食事や間食を摂ることになってしまいます。

② 1食目はおかゆを食べ、2食目からはおかずも加えて炭水化物も徐々に固さを戻していきましょう。

2食目以降の回復食では、消化に時間のかかる油っこい料理や肉料理は避けたほうが無難です。